♪プーのいえのわらべうた♪


  〜わらべうたで子育てを楽しみましょう〜

わらべうたあそびは・・・・・・・・

 手と手をとりあってあそぶことで、肌のぬくもりが伝わり 
 目と目をみつえあうことでうなずきあって 
 言葉を交わし合うことでお互いを
 わかりあい、はじめて心が通い合います。

 親子いっしょにうたったり ふれあったしてあそぶ
わらべうたあそびを楽しみましょう!

親子遊びの会「とぉりゃんせ」「ゆるらくたいむ」であそぶわらべうたを紹介します




          参考資料: 「にほんのわらべうた全集」近藤信子 柳生弦一郎 福音館書店
                      「遠野のわらべ唄の語り伝え 人を育てる唄」阿部 ヤエ エイデル研究所
               「すぐ覚えられるわらべうたあそび」 木村はるみ 成美堂出版

あいさつのわらべうた   くすぐりあそび  おひざにのせて
 おてだまあそび  たけがえしあそび  なわとびあそび
となえうた あるきながら   たくさんのおともだちと 
     おやすみのわらべうた
 ※ ボタンの無いところは次回以降お楽しみに〜    
   
  

♪おはようのわらべうた♪

  おはようのわらべうたで朝をむかえてみるのはどうでしょうか・・
気持ちよい目覚めになりますよ


あそびかた  子育ての知恵 
<おはようのわらべうた>
子どもが寝ている所で うたいながらします


両手のひとさし指を 子どもの体に
優しくおしあてながら
起こしてあげます




ママの優しい声が
「あさですよ」と
語りかけてくれて
一日の始まりがママも
子どもも気持ちよく
なります

うたい終わって、
起こしてあげる時は
肩に手をいれて
「おはよう」といって
起こして
あげてください

<かおあそびのわらべうた>
子どもの 顔をさわりながらうたいます


おでこ おめめ おはな
はなのあな くちのまわり
指で優しくなぞりながら
最後は顔のまわりを全部を触って
うたいます

顔をふくのがいやがる
子どもも多いと
思いますが
このうたを
うたいながらふくと
ママとあそびながら
楽しく顔ふきが
できます

最後の「すっかりきれいになりました」でママと
子どもと、笑顔で
みつめあうと
楽しくなりますよ

   
  

 
♪あいさつのわらべうた♪ 


このうたからあそびが始まったり
終わったりしてみてはどうでしょうか…


 あそびかた  子育ての知恵
<こんにちは さようならのわらべうた>
遊びを始める時や終わりの時にうたいます


両手でおひざと手と一拍ずつの
リズムをとってから 
「こんにちは」「さようなら」の時に
両手で三角をつくって、
それをおひざの前において 
三角の中にお鼻をいれて
あいさつをします 

挨拶の仕方を伝えるのに
「こんな挨拶がいいですよ」とママがやって見せて
あげるのもいいですね

そして子どもが真似して
できた時には
たくさん褒めてあげる
ことで子どもが
うれしい気持ちに
なっていきます

 <さよならのわらべうた>
楽しく遊んでいて、帰る時にうたいます

一緒に遊んでいた友達や大人と
向いあって両手をつなぎ
いっしょにうたいながらゆすります
何度か繰り返してうたって最後は
くっついて さよならをします


ママのおひざに座っている時はそのままで
ゆすりながら何度かくりかえしうたいます
そして最後ママが子どもをしっかり抱きしめて
「楽しかったね また遊ぼうね」
といって さよならをします

 
遊びが楽しくて、まだまだ
遊んでいたいけど
帰らなければならない時
このうたでふれあい遊びをすることで
さよならも楽しい気持ちに
なります

またこんども遊ぼうという
気持ちで
さよならをすることが
できます
   
  
 
♪くすぐりあそび♪ 
 

ねかせてオムツをとりかえるとき等
親子で向き合ってくすぐりながら 笑顔で楽しんでみてください


 あそびかた  子育ての知恵
< ねかせたわらべうた>
オムツを取り替える時にうたいます

「いちり」 で足の指を持ち上げて
「にり」 で足首を持ち上げて
「さんり」 で膝を持ち上げて
最後の「しりしりしり」 でおしりをくすぐります
 
オムツを取り替える前と後にうたって遊んでいるとオムツ交換をするのが楽しくなりますよ

オムツをはずしてからすると
おしりを乾かしながら遊びも
楽しめますね

体を触ることで今日は熱がないかなと体の様子をみる事もできます
 <あしからあたままでのわらべうた>
寝かせたり座ったままでも楽しく遊べます

両手の人差し指と中指の2本を
子どもの足先につけて歩くようにうたいながら
頭の方にリズムに合わせて
あがっていきます
最後に頭の先までいって
「とびこんだ」の所で
脇のところをおもいっきりくすぐります
 
 
足先からだんだん上にあがってくすぐられる感覚がとっても、ぞくぞくする感じで
最後のくすぐられるのを楽しみします

親子が見つめ合いながらくすぐられるの楽しみにして待つようになります

遊びながら待つことを覚えていく遊びです
 <からだぜんぶをうごかしたわらべうた>
からだ全部を動かして遊びます

「はりにいとをとおしましょう」 は両手の人差し指を針にみたてて子どもの胸をなぞります
「ちくちく」 は子どもの胸をつんつんします
「ぬったらそうきん」 は子どもの両手をひろげたり閉じたりします
「ばけつ」 は両足をもってひざを曲げて
じゃぶじゃぶします
「あらって」 は両足を絞るようにひねります
最後の「ふきそうじ」 で体全部を拭き掃除をするようにくすぐります

 
体全部を使うので乳児にも
優しくすることで、いい運動になります

雑巾を作って拭き掃除をすることをわらべうたをうたいながら伝えています

大きくなったら雑巾がけをしながらうたうのもいいですね

最後のふきそうじのところの前で間をあけて 期待を持たせて最後に思いっきりくすぐってください

いつも笑っていたのが笑わなかったら今日は体調が悪いのかな等
みる事もできます




お知らせ



団体概要 保育のご案内
NEW
活動計画・実績
申し込み・お問い合せ先

NEW
コミコミ・かふぇ

アクセス

NEW
コミコミ・かふぇ
すなやま

●アクセス

NEW
とぉりゃんせ

おもちゃ紹介
NEW
絵本

わらべうた

出前あそび
NEW
メンバー紹介
リンク